結婚式での指輪の存在感。

結婚式での指輪の存在感。

結婚式での指輪を演出する方法

結婚式の中で、新郎新婦の指輪の交換は人前式、神前式、チャペル式であっても儀式として行われることが多いと思います。指輪は夫婦にとって契の象徴となるため、素敵に演出できればと演出方法を考えました。通常であれば指輪を式場に委ね、指輪を運んでくることが多いと思いますが、リングピローで演出することは可能です。リングピローを新婦が手作りをするととても指輪が映えて、司会者の紹介で招待客の目を引くことができると思います。和洋、様々なタイプがあると思いますがリングピロー代わりにテディベアに持たせたり、千羽鶴のしっぽにかけたり、様々な飾り付け方法があります。指輪を注目することで二人で選んで決めた指輪に招待客の前で誓いの象徴として指輪をすることが結婚生活をしていく上での指輪の重さを増すことができます。

指輪はとても小さなものですが、二人で選んで一緒に身につける大切なものであり、結婚をしていることの照明として結婚の指輪は用いられています。小さいので演出で指輪に注目を集めることがとても素晴らしい結婚式になると思います。指輪を実際生活に戻った時に身につけることができない男性もたくさんいるとは思いますがこの儀式の際に指輪を用意しない新郎新婦はいません。指輪をなくしたりしない予防策として、指輪の価値をこういった形で重くすることが結婚した誓いの象徴となれると思います。演出次第で指輪が主役にもなれると思います。象徴を目立たせることも良いかと思います。

Copyright (C)2018結婚式での指輪の存在感。.All rights reserved.