結婚式での指輪の存在感。

結婚式での指輪の存在感。

結婚が決まったら指輪を選ぼう

結婚が決まったら指輪のことを考えなくてはいけません。エンゲージリングとマリッジリングです。まずはエンゲージリングが必要です。外国の映画では指輪をさし出しながら、男性が女性にプロポーズするシーンを見かけることがありますよね。しかし、実際はプロポーズが済んで、結婚が決まってから指輪を一緒に買いに行くことが多いでしょう。結納をするカップルなら、それまでに指輪を準備しておきましょう。エンゲージリングはダイヤの指輪を選ぶひとが圧倒的に多いです。ダイヤの価値は4Cであらわされます。4Cとは、カラー、クラリティー、カラット、カットの頭文字です。よく大きなダイヤを何カラットのダイヤと言いますが、1カラットで0.2グラムになります。

また、エンゲージリングの後は、マリッジリングを準備しなくてはいけません。マリッジリングはオーダーで作るカップルと、お店で選んで購入するカップルがいます。もし、オーダーで作ることを考えているなら、早めに検討し始めましょう。どこのお店でオーダーするかということや、どんなデザインにするかということを決めなくてはいけません。また、オーダーなら注文してから手に入るまでに時間がかかります。結婚式の当日までに準備しておかなくてはいけませんが、ギリギリでは心配ですよね。早めに受け取ることができるように、手配しておきましょう。お店で選んだ指輪を購入する場合、内側にイニシャルなどを刻印してもらうことができます。刻印をしてもらうなら、少し日数がかかりますが、オーダーの指輪ほどはかかりません。

Copyright (C)2018結婚式での指輪の存在感。.All rights reserved.