結婚式での指輪の存在感。

結婚式での指輪の存在感。

結婚での指輪選びのポイント

結婚のプロポーズをされたとき、また結婚後にも、指輪は重要なポジションを占めていると思います。婚約指輪や結婚時の指輪は、ずっと思い出に残る品としてだけでなく、着けていくアクセサリーになりますので、選ぶときも慎重に選ぶのではないでしょうか。それぞれの好みもありますが、自分の生活に合わせて選ぶのも大切だと思います。

例えば、堅めのお仕事をされていたり、日常で家事を多くこなすという方は、指輪はシンプルな方が着けやすいと思います。結婚時の指輪は立体的なデザインが少ないですが、婚約指輪は立爪タイプもありますよね。そうしたものですと、ちょっと目立ちやすいですし、ひっかかりやすいので、平面的なデザインのもののほうが、合っているかもしれません。また、左手の薬指にこだわらず、着けやすい指に変えてしまうのもひとつの案だと思います。また、チェーンをつけてネックレスとして愛用するのもよいかもしれません。ずっと着けていられますし、手先を気にせずに生活することができますよね。

また婚約指輪はダイヤモンドと考える方が多いですが、そこも自由な発送で選んでみてはいかがでしょうか。自身の誕生石でもすてきですし、愛用できそうですよね。ご自身の好きな色や、普段のファッションとの兼ね合いも考えて選べば、日々、愛用できるリングが見つかるのではないでしょうか。最近は結婚時の指輪の内側に、夫婦それぞれの誕生石を埋め込んだものもあるので、そうした隠れたおしゃれを楽しむのもいいですよね。

Copyright (C)2018結婚式での指輪の存在感。.All rights reserved.